音声文字変換による情報保障の検証2019

  • 2019/10くらいに調べた内容です。

  • 「音声文字変換」はGoogleとアメリカのギャローデット大学と連携して開発したもので、いまのところAndroidしか出てない。

  • 10万くらいの先行投資で検証してみた。

  • スマホの入力スピーカーで音声を拾って、ディスプレイ上で文字が表示される。

  • 内部は、音声をインターネット経由でGoogle Cloudに送って音声を文字に変換したデータを受け取って、文字を表示している。

  • バックグラウンドが黒で、文字は白。

  • 右上に音が拾っている状態がわかるアニメーションが表示されている。

  • 会議とかで使ってみたが、某スピーチとかと比べて精度がいい方かもしれない。

  • でも、某トークは人に合わせた振り分けがあるが、「音声文字変換」はない。

  • みんなの声は、「すべて一緒」でわかりにくい。

  • つまり講義や公演といったような一人が多人数向けに話すケース向けで、多人数が双方向に話し合うようなミーティングはまだ使いにくい。

  • Pixel3 + emeet M2 + 音声文字変換

  • 1 on 1 ならほぼ高精度で文字変換してくれる。

  • 欲強いて言えば、2人以上のmeetingで色を変えて表示してくれたら嬉しい