MicroSDでラズパイのOSを準備する

毎回ググって調べたりしているので、ここで自分の環境に合わせた手順を書いてみた。

  • macOS
  • 物理キーボード及びマウス、有線LANケーブルなし
  • Wi-Fiあり、SDカード変換アダプターあり
  • GUI(VNC)で操作したい

RaspberryPiのOSイメージを用意する

microSDを初期化する

misroSDにOSイメージを書き出す

  • balenaEtcher - Flash OS images to SD cards & USB drives
  • ソフトを開いた時の画面。
  • 「+」のところ、ダウンロードしたOSイメージ(ZIPファイル)を選択。
  • 準備ができたら、「Flash!」をクリックすると、microSDに書き出しが始まる。
  • おおよそ20分くらいかかる。

SSHの設定を行う

  • ssh接続するためには、空の ssh ファイルを設置する。
  • microSDをSDカード変換アダプターに入れて、macOS に読み込ませる。
1
2
cd /Volumes/boot
touch ssh

Wi-Fiの設定を行う

  • Wi-Fi接続するためには、wpa_supplicant.conf を作成する。
  • 作っておくと自動的につながるようになる。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
vi wpa_supplicant.conf
wpa_supplicant.conf
country=JP
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
network={
ssid="abc"
psk=bac3cdf26d42c3a61fb858ef0295a0166e94f84dbabc1088bfa090cef3cb1dcb
}

SSH接続し、OSのアップデート

  • raspberry pi を起動し、macOS のターミナルからSSH接続する
1
pi@raspberrypi:~ $ ssh pi@raspberrypi.local
  • password は初期で、「raspberry」
  • passwd で変更できる。
1
2
3
4
5
6
pi@raspberrypi:~ $ passwd
pi 用にパスワードを変更中
Current password:
新しいパスワード:
新しいパスワードを再入力してください:
passwd: パスワードは正しく更新されました
  • ライブラリのアップデートを行う。
1
2
3
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo apt-get dist-upgrade

VNC接続の設定を行う

1
2
sudo apt-get install tightvncserver
sudo apt-get install realvnc-vnc-server

参考URL

おすすめアイテム

【国内正規代理店品】Raspberry Pi4 ModelB 4GB ラズベリーパイ4 技適対応品